FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Rhinoceros」上でポリゴンモデリングを可能に】

15:25~16:05

1.「T-Splines」活用するメリットとモデリングの実例。
2.CG系ポリゴンデータをサーフェスデータに置換えて使い切る!

セミナー詳細

東京ファッションタウンビル 研修室 907号室
東京都江東区有明3-1 TEL 03-5530-5010

■交通のご案内
-りんかい線国際展示場駅下車徒歩5分
-ゆりかもめ国際展示場正門駅徒歩1分
スポンサーサイト
大阪産業創造館においてT-Splines無料セミナーを開催します。

Rhinoceros&T-splines体験セミナー セミナー内容
サーフェス系CAD「Rhinoceros」及び、Rhinocerosのプラグインソフト「T-Splines」にて、有機的なペンダント(ユリ形状)とハンディ掃除機形状のモデリングをご体験していただきます。

○10:30~12:30
■T-Spline基本操作■
1.シンメトリー機能
2.プリミティブ操作
3.3次元ポリラインからサーフェスの構築
4.RhinoサーフェスからT-Splinesサーフェスへ
5.マニピュレータの操作
6.ショートカットについて
7.エッジの追加
8.フェースの押し出しツール
9.厚みを付ける
10.モデリングテクニック
○12:30~13:30 休憩 
○13:30~15:30
■ハンディ掃除機を作る■
1.Rhinoコマンド2レールスイープ面のリビルド
2.RhinoサーフェスからT-Splinesサーフェスへ
3.T-Splinesサーフェスエッジのマージ
4.取っ手部と本体のブリッジコマンドによるボカシ
handy
■ペンダント(ユリ形状)を作る■
1.曲線の押し出し
2.面の押し出し
3.有機的な形状の作り方
4.ペンダント本体への繋ぎ込み(ボカシ)
pendant001.jpg 
○15:30~16:00 質疑応答
    
セミナー受講者に2大特典!
Rhinocerosソフト割引販売!
Rhinoceros基礎・応用トレーニング料割引! 

『このトレーニングに申し込む』    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。