FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年6月3日(火)T-SplinesのNewサイトに移行しました。是非お越しください。

T-Splines for Rhino Ver2.3日本語版 2010年5月7日より販売開始いたします。

 tsplines2pak.jpg 

T-Splines2.3評価版のダウンロードはディプロスのサイトで登録してからダウンロードしてください。また、RhinocerosVer4.0はSR6での使用になりますのでバージョンアップが必要です。 

TS2.3

Add to cart 
Download free trial (21.1MB)

ダウンロード時にV2.2と表示されますがV2.3がダウンロードできます。
マニュアルも同時にダウンロードできますがV2.2になります。マニュアルは現在準備中です。

------------------------------------------------------------------------
T-Splinesのアイコンのイメージになります。
WS000004.jpg
T-Splinesについて

T-Splinesは、コンピュータ支援設計(CAD)ソフトウェアでサーフェスを作成するための強力な技術です。T-Splinesは従来のCAD NURBS技術と互換性があり、柔軟性、編集性、および使い勝手が大幅に改善されています。
T-Splinesを使用すると次のことができます。

 滑らかで有機的なデザイン
 編集が素早くでき容易
 リモデリングを行わないで製造するためのモデルのエクスポート



RhinoだけでなくT-Splinesを用いてモデリングする理由

T-Splinesを用いると、自由形状のサーフェスを生成するためのワークフローとツールがRhinoに追加され、ポリゴンモデリングが可能になります。T-Splinesは、1つのモデル全体を作成するとき、またはRhinoのモデルに有機的なコンポーネントを追加するときに使用でき、Rhinoを補完する役割を果たします。

T-Splinesの使用時、Rhinoのユーザーは各種形状を直感的で簡単かつすばやく探索でき、想像から実際の3Dモデル作成までに要する時間を短縮できます。


T-SplinesはRhinoとどのように連動するか


T-SplinesはRhinoの完全統合型プラグインです。T-SplinesのツールバーはRhinoの標準ツールバーの中に含まれています。T-SplinesのヘルプはRhinoのヘルプメニューを介してアクセスできます。Rhinoのコマンドの多くはT-Splinesサーフェス上で動作します。
YellowSubmarine 

 

テーマ:ソフトウェア
ジャンル:コンピュータ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。